一関地方森林組合

当地域は、岩手県の最南端に位置し、世界遺産登録に指定された奥州藤原三代に代表される平泉文化の地にあり、「森は海の恋人」の植樹祭開催地でも知られている室根山の北上山系を東に置き、西は名峰栗駒山の奥羽山脈に囲まれた農林業と商工業を基幹産業として栄えております。

当森林組合においては平成26年1月に東磐井地方森林組合と一関地方森林組合との広域合併に至り、新生一関地方森林組合として創設されました。

森林林業を取り巻く環境は依然として厳しい状況下にあります。

しかしながら森林は水資源の確保や国土の保全、地球温暖化防止など私たちの生活環境に欠かすことの出来ない大切な資源を貴重な財産として適切な保全管理を行う一方で、公益的・経済的にも地域の活性化に貢献できるよう地域林業の担い手として地域循環型事業の推進に取り組んでいます。


企業名
一関地方森林組合
設立
平成26年1月6日
代表者名
代表理事組合長 伊藤 達朗
事業内容

森林整備
林産販売
事業推進
〇本所 住所
岩手県一関市赤荻字槻本290番地

〇事業本部 住所
岩手県一関市大東町摺沢字百目木165番地7

所在地
岩手県一関市赤荻字槻本290番地
WEB

1件見つかりました。表示中のページ:1ページ(合計 1ページ)

一関地方森林組合
森にかかわり、国土を育て、海にも影響を与えている林業。私たちの生活全てに関わる大切な仕事です。
エリア 【岩手県】/県南エリア/一関市
業種 農林水産業
職種 技能工・整備・製造系農林水産関連

1件見つかりました。表示中のページ:1ページ(合計 1ページ)

 


オーダーメイド求人

移住・定住に向けて、あなたに合ったお仕事を見つかるまで一緒に探します。