• Sさん(水産関係総務 30代)

  • トライアル就業者の声

    Sさん(水産関係の総務 30代男性)

Sさん(30代男性)

前職 会計事務補助

現在 水産関係の総務

 トライアル就業を利用しようと思った決め手は?

釣りが趣味ということもあり、水産関係で働くことにはもともと興味があった。

地方での仕事にも興味があったが就業中で遠方にいながらの就職活動は時間の制約もあり、情報も入手しづらかった。

本事業では定期的なサポートがあったことで、不安もなく就職・移住をすることが出来た。

また、求職者それぞれの気持ちを尊重してサポートしてくれることがとても安心出来た。

地方に移住し、働くことから得られるものは?

震災を経て、地方(特に被災地)への思い入れは強く、もともと関心があった。

貢献出来る道を模索していたが、自分一人の力では限度があると感じ、移住をして地域の魅力を肌で感じ、他地域の方へ被災地の魅力を伝えることで少しでも力になれたらという想いが働くきっかけとなった。

今は社員の方と楽しみながら業務に励み、毎日が新鮮で充実感を得ている。

地方で働いて思うことは?

一緒に働く社員の方は年齢層も幅広く、コミュニケーションがとりやすいため、毎日楽しみながら業務に励んでいる。

いろいろな業務も任せていただき、自分自身の視野がとても広がり、実務能力やスキル向上にも繋がっていると感じている。

自然や水産関係に興味がある方には、是非おすすめしたい土地である。

地方に住んで感じたことは?

人の面でも風土的にも住みやすく、自然や食べ物も豊かで、「働く」「暮らす」上では最適な土地であると思う。

東北の人は気質がとても温かく、対人同士の付き合いに温かみと安心感がある。

住まい探しについては、就業先の社員の方のサポートもあり、社宅で快適に暮らせている。

寒さは当初心配していたが、今では慣れてきた。

今後の目標?

プライベートで、ローカル線を一駅ずつ歩いてみたい。

歩くことで息抜きや、色々な発見があるのではないかと思っている。

車を持っていないため行動範囲は限られるが、楽しめる場所が周囲にはたくさんある。

復興庁主催「復興・創生トライアル就業」-岩手・宮城・福島で働こう!-移住・定住に向けて3ヵ月間、復興庁主催のトライアル就業で働く・暮らす<転職・移住・定住希望者を募集中>
トライアル就業の仕事・求人・転職情報掲載中!3ヵ月間のトライアル就業で働いてみませんか?被災地に移住・定住し、あなたの力を 復興・創生に活かしませんか?充実のサポート体制で安心してトライアル就業ができます。