• 復興・創生インターンとは?

  • 復興・創生インターンとは?

    オンラインインターン

岩手・宮城・福島の企業や団体の
経営課題の解決に挑戦!

復興・創生インターンの概要

(1)「復興・創生インターン」は、被災地の企業や団体が抱えている経営課題に対し、約1~2ヵ月間、経営者と協働して『課題解決』に取り組む実践型インターンシッププログラムです。学生の皆さんにとっては、単なる就業体験に留まらず、キャリア観の醸成や課題解決能力の向上を図ることを目的としています。

  • 「復興・創生インターン」へ参加することにより、キャリア観の醸成や課題解決能力など、自己の成長を図ることができます。また、被災地域に関わる活動を通して、復興に懸命に取り組む人々や地域で活躍する人々との交流など、被災地域の魅力に触れることができます。
  • 「復興・創生インターン」では、地域コーディネート機関(復興支援や地域支援に関わる地域に根付いたNPO等の団体)のサポートを受けながら、約1~2ヵ月間という長期の実践型インターンシップを通して、志を同じくする他の大学の学生や熱い人々との出会いを通じて、日常生活では得ることのできない、貴重な体験ができます。
  • インターンシップという形での被災地への貢献や復興への関わりを通して、今後の職業・将来を考える上での一助にしてもらうとともに、インターンをきっかけに、将来的には交流・定住人口の拡大につながることを期待します。

(2)インターンシップの受入先企業は、日頃取り組みたくても手を付けることができない課題の解決に学生と協働して取り組みます。学生という外部人材の受入れを契機に、業務プロセスの見直し、働きやすい職場の実現及び生産性の向上を含めた経営改善等に取り組むことにより、人材獲得力及び育成力を向上させ、人手不足の解消を図ることを目的としています。

-募集要項-

1.申込みいただける方 :全国の大学院生、大学生、短期大学生、及び高等専門学校4年生以上
※学部、学年は問いません。

2.実施期間:2021年1月下旬から3月中旬のうち160時間程度
※受入先企業の実施プログラムよって活動日が異なります。(週3日~週5日、1日4時間~8時間)

3.実施方法:オンラインによるインターンシップ活動
※ただし、受入先企業の実施プログラムよって、①完全オンライン実施②オンライン実施(一部現地活動あり)のどちらかになります。

①完全オンライン実施
日々の活動や各種集合研修、企業との打ち合わせや成果報告会(最終報告)など、すべての活動をオンラインで行います。

②オンライン実施(一部現地活動あり)
オンラインでの活動が中心となりますが、一部の活動を現地に訪問・宿泊して行います。(現地訪問は1~2回、最大で7日間)

4.活動の体制:1つの受入先につき、2~3名での活動(チームでの活動)
※マッチングの状況によっては1人での活動になる場合があります

5.オンラインでのインターン先:岩手県、宮城県若しくは福島県の沿岸市町村又は福島県の原子力被災12市町村に所在する企業

6.オンラインでのインターン内容:観光・まちづくり、広報企画、商品開発、リノベーション、新規事業開発、水産物加工、農業支援、情報通信、保育、福祉関連 など

7.受けられるサポート
▼各地域に拠点を置く『地域コーディネート機関』が、個別面談・集合研修や日々の活動サポートを親身に行います。
▼インターンシップ保険に加入します。
▼現地活動(宿泊)を行う場合は、各自居住地から活動地域間の往復交通費は補助が受けられます。また、宿泊場所は事務局で手配するので、宿泊費はかかりません。

復興・創生インターンの特徴

〇オンラインで被災地の課題解決にチャレンジできます!(オンラインでインターンを実施)

〇これまで3年半で約1,000名の学生が参加しています!事後アンケートで「自分の成長に繋がった」と回答した人は94%と高評価をいただいています!

〇被災地の企業経営者と共に、企業や地域の課題解決に携われます!

〇全国から集まった学生と共同活動を通した交流ができます!

〇『地域コーディネート機関』が個別面談・集合研修や日々の活動サポートを親身に行います!

インターンシップの流れ

STEP1
Webエントリー・1次面談

インターン情報を事前にWebで確認し、趣旨をご理解の上、エントリーフォームからお申込みください。

事務局から一次面談についてご連絡いたします。

STEP1
Webエントリー・1次面談

インターン情報を事前にWebで確認し、趣旨をご理解の上、エントリーフォームからお申込みください。

事務局から一次面談についてご連絡いたします。

STEP2
地域コーディネート機関と
2次面談、企業面接

地域コーディネート機関とSkypeやZoomで2次面談を行います。その後、受入企業との面接に臨み、受入企業・学生の双方合意の上、参加者を決定します。
※場合によっては、書類選考での判断や、地域コーディネート機関との面談の時点で判断される場合があります。
※選考状況により、面談・面接の回数は異なります。

STEP3
オリエンテーション、
事前研修、実習開始

インターンシップ開始時のオリエンテーションや事前研修を通じて、参加学生と受入企業との顔合わせを行い、実習がスタートします。
地域コーディネート機関のサポートを受けながら、課題解決にチャレンジします。
※インターンシップ参加に必要な準備物は事前にお知らせします。
※インターンシップ契約書・インターンシップ保険はこちらでご用意します。

STEP4
中間研修、
経営者等との交流会

インターンシップの折り返し地点で中間研修を行い、これまでの実習内容の報告と残りの実習に向けて経営者等との意見交換・アドバイスをもらいます。
※中間研修は学生や受入企業が地域ごとに集まって行う場合と個々に行う場合があります。
※実習の進捗状況によってはプロジェクトの内容を変更する場合があります。

STEP5
社内報告、成果発表会、
インターンシップ修了

インターンシップの成果を、受入企業へ報告します。成果報告会では、同じ地域の受入企業や学生が集まり、地域の方々、地元企業、関係機関等にも参加していただき、インターンシップで得た成果を発表します。

「オンラインインターンシップ」
今回はオンラインインターンシップとしてお住いの地域にいながら、現地の企業経営者と共に復興支援に携われます。

現地との関わり方やリアルな情報等は地域に根差したコーディネーターがしっかりサポート!

被災地企業、全国の仲間と一緒に東北でこの夏のチャレンジをしませんか!

ZOOM等のWEB会議ツールを使って、自宅などお住いの地域にいながらインターンに参加ができます。

インターンシップ1週間のスケジュール(例)

■月曜日
受入先企業との打合せ(1時間)【オンライン】
チームメンバーで打合せ(2時間)【オンライン】
個人での活動(2時間)

■火曜日
個人での活動(4時間)
地域交流イベントの参加(2時間)【オンライン】

■水曜日
チームメンバーで打合せ(1時間)【オンライン】
個人での活動(1時間)
地域コーディネート機関の研修(2時間)【オンライン】

■木曜日
受入先企業との打合せ(2時間)【オンライン】
チームメンバーで打合せ(1時間)【オンライン】
個人での活動(3時間)

■金曜日
チームメンバーで打合せ(2時間)【オンライン】
地域コーディネート機関と打合せ(1時間)【オンライン】
個人での活動(1時間)


【1週間合計】週25時間

インターンシップ中の1日の過ごし方(例)

9:00-9:30 受入先企業の朝礼にオンラインで参加【企業との活動】

9:30-11:30 顧客アンケート結果の集計【個人での活動】

11:30-13:30 昼休み・移動

13:00-16:00 大学のサークル活動

16:00-17:00 チームミーティング【チームメンバーとの活動】

17:00-18:00 企業の受入担当者と打合せ【企業との活動】

18:00-18:30 日報の作成【個人での活動】

19:30-22:30 アルバイト


【企業との活動】1時間30分
【チームメンバーとの活動】1時間
【個人での活動】2時間30分
【合計】5時間

-現地での活動がある場合-

受入企業のプロジェクトによって
①完全オンライン実施②オンライン実施(一部現地活動あり)
のどちらかになります。

②オンライン実施(一部現地活動あり)

②オンライン実施(一部現地活動あり)のプログラムは、1~2回(最長7日)現地での活動を行う予定です。(現地へ訪問する際は、下記の「現地での活動に参加できる条件」をすべて満たす必要があります)


現地活動に参加する場合は、
・現住地からインターンシップの活動地域までの移動にかかる交通費は補助があります。
・現地活動での宿泊場所は用意します。宿泊費はかかりません。


※現地での活動があるプログラムでも、「現地に行けないからエントリーできない」「合格したから必ず現地に行かなくてはいけない」ということはありません。
ただ、現地での活動ができるか・できないかによって、インターンの活動内容が変わりますので、地域コーディネート機関との2次面談の時に、必ず相談をしてください。

※現地での活動については、新型コロナウイルスの感染状況等によって、変更や中止になることがあります。

現地での活動に参加できる条件
□ インターン生本人が、現地で活動する意思がある。
□ 保護者が東北の現地に行くことを了承している。
□ 所属する大学が課外活動禁止になっていない。
□ 接触確認アプリ(COCOA)をインストールしている。
現地活動の日程が近づいたら
□ 本人または家族・友人など身の回りの人物に、新型コロナウィルスに感染している者がいない。
□ 直近2週間に高熱がある、味覚が無い等の新型コロナウィルス感染症を疑われる症状がない。また、直近2週間に新型コロナウィルス感染症を疑われる症状がある者と接触していない。
復興庁主催「復興・創生インターン(オンラインインターンシップ)」日本最大級の実践型インターン!!-2021年春-オンラインで被災地の課題解決にチャレンジ!
被災地企業・団体の経営課題に対し、経営者と力を合わせ、課題解決プロジェクトに挑戦するインターンシップです。今回はオンラインインターンシップとしてお住いの地域にいながら、現地の企業経営者と共に復興支援に携われます。充実のサポート体制で安心してインターンシップができます。