• 復興・創生インターン

  • 復興・創生インターン

    オンラインインターン

「オンラインインターンシップ」
今回はオンラインインターンシップとしてお住いの地域にいながら、現地の企業経営者と共に復興支援に携われます。

現地との関わり方やリアルな情報等は地域に根差したコーディネーターがしっかりサポート!

被災地企業、全国の仲間と一緒に東北でこの夏のチャレンジをしませんか!

ZOOM等のWEB会議ツールを使って、自宅などお住いの地域にいながらインターンに参加ができます。

オンラインインターンシップ中の1日の過ごし方(例)

7:00・・・起床

8:00・・・大学へ登校・授業を受ける

12:15・・・昼食・帰宅・休憩

14:30・・・オンラインインターン開始

  • 担当企業と打ち合わせ・課題調査

18:30・・・オンラインインターン終了

18:45・・・地域コーディネート機関やインターン生とオンライン会議

  • 進捗報告や課題の共有
  • 翌日のスケジュールを確認

19:00・・・食事・自由時間

0:00・・・就寝

岩手・宮城・福島の企業、団体等の
経営課題解決に挑戦します!

岩手・宮城・福島の
企業、団体等の
経営課題解決に挑戦します!

「復興・創生インターン」は、岩手・宮城・福島の企業が抱えている経営課題に対し、経営者と協働して解決に取り組む実践型インターシッププログラムです。

約1ヵ月間、学生同士、共同生活を送りながら就業体験を経験することにより、キャリア観の醸成や課題解決能力の向上を図ります。

復興・創生インターンの概要

(1)「復興・創生インターン」は、学生の皆さんにとっては、単なる就業体験に留まらず、被災地企業が抱えている経営課題に対し、経営者と協働して解決に取り組む実践型インターンシッププログラムであり、約1ヵ月間、学生同士、共同生活を送りながら就業体験を経験することにより、キャリア観の醸成や課題解決能力の向上を図ることを目的としています。

  • 学生の皆さんは本インターンへ参加することにより、復興への貢献ができ、かつ自己の成長を図ることができます。
  • 本インターンの参加者は、震災を契機にボランティア等で被災地に訪れNPO等を立ち上げ、地域に根付いた団体等のコーディネートにより、復興に懸命に取り組む人々や地域で活躍する人々との交流など被災地域の魅力に触れることができます。
  • また、1ヵ月間という長期の実践型インターンシップ・他の大学の志を同じくする者同士の共同生活・熱い人々との出会いを通じて、日常生活では得ることのできない、貴重な体験ができます。
  • インターンという形での復興への貢献、今後の職業・将来を考える上での一助にしてもらうとともに、インターンをきっかけに、将来的には交流・定住人口の拡大につながることを期待します。

(2)インターンシップ受入先の企業等の皆様にとっては、参加学生の受入れを通じ、日頃取り組みたくても手を付けることができない課題の解決に学生と協働して取り組むとともに、学生という外部人材の受入れを契機に、業務プロセスの見直し、働きやすい職場の実現及び生産性の向上を含めた経営改善等に取り組むことにより、人材獲得力及び育成力を向上させ、人手不足の解消を図ることを目的としています。

インターンシップの流れ

STEP1
Webエントリー・1次面談

インターン情報を事前にWebで確認し、趣旨をご理解の上、エントリーフォームからお申込みください。

事務局から一次面談についてご連絡いたします。

STEP1
Webエントリー・1次面談

インターン情報を事前にWebで確認し、趣旨をご理解の上、エントリーフォームからお申込みください。

事務局から一次面談についてご連絡いたします。

STEP2
現地との2次面談・
参加者決定

現地のコーディネート機関とSkypeや電話等により、インターンシップ受入企業の紹介など2次面談を行います。
その後、双方合意の上、参加者を決定します。
※場合によってはインターンシップ受入企業とも面談を行うことがあります。
※状況により面談回数は異なります。

STEP3
オリエンテーション・
実習開始

インターンシップ開始時のオリエンテーションを通じて、参加学生と受入企業との顔合わせを行い実習スタートします。
現地のコーディネート機関と伴走しながら、課題解決にチャレンジします。
※インターンシップ参加に必要な準備物は事前にお知らせします。
※インターンシップ契約書・インターンシップ保険はこちらでご用意します。

STEP4
中間研修・
経営者等との交流会

インターンシップの折り返し地点で中間研修を行い、これまでの実習内容の報告と残りの実習に向けて経営者等との意見交換・アドバイスをもらいます。
※中間研修は学生や受入企業が地域ごとに集まって行う場合と個々に行う場合があります。
※実習の進捗状況によってはプロジェクトの内容を変更する場合があります。

STEP5
インターンシップ修了・
成果発表会

成果報告会では、地域の方々、地元企業、関係機関等にも参加していただき、インターンシップ実習で得た成果を発表します。

-募集要項-

1.申込みいただける方 :全国の大学院生、大学生、短期大学生、及び高等専門学校4年生以上
※学部、学年は問いません。

2.実施期間:2020年7月~10月のうち160時間程度
※週2日~、1日3時間~ 相談可能

3.実施方法:オンラインによるインターン

4.オンラインでのインターン先:岩手県、宮城県若しくは福島県の沿岸市町村又は福島県の原子力被災12市町村に所在する企業

5.オンラインでのインターン内容:観光・まちづくり、広報企画、商品開発、リノベーション、新規事業開発、水産物加工、農業支援、情報通信、保育、福祉関連 など

6.保険:インターンシップ保険に加入

〇オンラインで被災地の課題解決にチャレンジできます!(オンラインでインターンを実施)

〇被災地の企業経営者と共に、企業や地域の課題解決に携われます!

〇全国から集まった学生と交流ができます!

〇往復旅費交通費、宿泊場所も用意しています!
【2020年夏期はオンラインインターンシップなので、現地での活動が無い場合は費用の補助はありません】

復興庁主催「復興・創生インターン(オンラインインターンシップ)」日本最大級の実践型インターン!!-2020年夏-オンラインで被災地の課題解決にチャレンジ!
被災地企業・団体の経営課題に対し、経営者と力を合わせ、課題解決プロジェクトに挑戦するインターンシップです。今回はオンラインインターンシップとしてお住いの地域にいながら、現地の企業経営者と共に復興支援に携われます。充実のサポート体制で安心してインターンシップができます。