エリア 【岩手県】北三陸 内容 デザイン編集・ライティング テーマ PR・メディア|食・ライフスタイル

【2020年春】 【会社のビジョンを伝える!】江戸時代から241年続く、歴史ある家系が手掛けるネットショップの「会社紹介」を作成しよう! 〜本物を知る。本物を伝える〜

フェアリーチェ株式会社(西大野グループ)

”241年続く商家の家系”が営むネットショップの会社紹介を作成!


江戸時代から続く商家が、”三方よし”の考えからこだわり抜いた商品を売るネット販売を行なっています。”本当に良いものを売る”ことにこだわる会社の目指すもの、それを伝える会社紹介を一緒に作りませんか??


  • このプロジェクトについて

■江戸時代から続く西大野241年の歴史 
岩手県洋野町大野地区には、江戸時代から241年続く晴山吉三郎商店というお店があります。その商店は地主である晴山家の家系の方が代々営んできました。江戸時代には天明の大飢饉で八戸藩が苦しんでいた際に雇用作りとして住民の支えになったという話や、もっと昔には、旅人が旅の途中で家にご飯を食べに立ち寄ったという話もあります。他にも、倉から出てきた古文書には、歴史的な出来事が数多く残っています。241年の歴史や商家としての心得は現在のフェアリーチェにも受け継がれています。

■ネットショップを営むフェアリーチェ
フェアリーチェは晴山家の血筋が営む会社です。「買いたいけど、手が届かない人」に向けて商品を届けるという、自分たちも抱えていた困りごとをサービスとして始めたのがきっかけでした。最初はキャラクター細工を扱うネット販売を行うことから始まり、生産者・消費者・フェアリーチェにとって良いサービスを行うという三位一体の考えを持ち、商家の経験を生かした真心で信頼関係を築きながらネット販売を行ってきました。現在は「心と体を癒す」ことを目指して、雑貨や健康に良い食品の販売を行っています。

■会社の世界観をホームページで伝える
前回のインターンでは、241年続く大野の歴史を紐解き、その歴史を物語で表現するということにインターン生が取り組みました。地域の歴史を調べ、若い人もわかりやすいようにマンガと小説という方法を用い、大野の歴史を大学生の目線で伝えてくれました。今回のインターンでは、フェアリーチェという会社がどういう会社かをまとめ、会社紹介を作っていただきたいと考えています。ホームページ上に載せて発信し、フェアリーチェをより多くの人に知ってもらうことが目的です。前回のインターン生が表現してくれたものも活用しながら、会社の大事にしていること、想いを会社紹介として作るプロジェクトになっています。

 
★参考となるWebサイト★
・フェアリーチェ株式会社のホームージ→https://www.fairyche.com/
(前回のインターン生の取り組みがホームページに載っています)
・楽天のネットショップ→https://www.rakuten.co.jp/fairyche/index.html
・ねこのキャラクター「よりこ」のinstagram→https://www.instagram.com/komeyori214/
・布施かおりさんのinstagram →https://www.instagram.com/kaori_fuse/
・オリーブソムリエとしての活動ブログ→https://ameblo.jp/leadtoolive/
・ブログ「店長の部屋Plus+」→ https://shop.plaza.rakuten.co.jp/fairyche/
(2019年2~3月には、復興創生インターンの現場リポートがアップされています)


募集要項
募集対象
大学生
期間
【2020年春】短期(3週間~2ヶ月)
インターン内容

【テーマ】フェアリーチェが目指す姿をより多くの人に知ってもらう会社紹介を作ろう!!

(1)社長やスタッフにインタビューを行い、フェアリーチェについての理解を深める
(2)文面やデザインを考え、伝え方について考える
(3)実際リリースするにあたり、フィードバックと改善を繰り返す

▼Step1【導入】事前~随時
・会社紹介の作り方を考える
・会社の歴史、想い、コンテンツ、フィールドを理解する
・商品、想い、御取引先様、会社の仲間などを理解する  

▼Step2【仮説・検証】1~3週目
・会社の目指すものを言語化する
・会社の思いを元にデザインや文章を考える
・従業員の方の意見を聞き、一緒に手直しを加えていく 

▼Step3【伝えて振り返る】4週目
・会社紹介を作成し、改善を行う
・実際にホームページに掲載する
・プロセス全体を通して自分自身を深く振り返る
・成果報告会で発表を行う  ※日々の活動をSNSなどで発信する

期待する成果

・本気度MAXでプロジェクトに向き合う
・感じたことを躊躇わず伝えること
・とにかく行動して検証を繰り返すこと
・自分が納得できる成果物を作りきること

得られる経験

・伝統がある会社・地域で活動すること
・PDCAサイクルを回すこと
・自分の考えを伝え、それに伴い行動すること
・地域の多様な人と関わること
・ホームページの会社概要を作ること

対象となる人

・フェアリーチェに魅力を感じる人
・ホームページ・デザイン・文章作成に関心がある人
・伝統・歴史に興味関心がある人
・自分なりの仮説を持ち、その検証に向けて行動できる人
・課題に向き合い、考え続けることができる人
・「良いものを作る」ことにこだわりがある人

活動条件

「インターン期間」
2020年2月15日~2020年3月14日の約1か月(※日程が合わない場合は相談可)

「活動頻度」
週5日以上 ※応相談

「活動時間」
9:00~17:00(活動内容によって変わる場合があります)

【こちらは、復興庁主催の「復興・創生インターン」プログラムです】
・エリア内の複数プロジェクトとの集合研修(事前・事後等)を予定してます。
・自宅から現地までの交通費(往復1回分)の補助があります。
・宿泊場所は現地で準備しています。宿泊代はかかりません。  

*このプロジェクトの詳細は
バリューシフト担当木村(きむら)までinfo@value-shift.com

活動場所

西大野グループの拠点(大野、八戸)、及び周辺地域

事前課題

後日お知らせいたします。

各種補助

インターンシップ期間中の以下の費用について、学生の費用負担はありません。
・往復交通費を支給!
・宿泊場所をご用意!※共同生活となります。
・インターンシップ保険へ加入!

  • 私たちについて

241年の歴史を作ってきた「信用」を伝えること

フェアリーチェは、人とのつながりや関係性を大事にし、本当に良いものをお客様に届けることで、生産者の方やお客様との信頼関係を築き上げてきました。商家として受け継がれてきた「信用」、人とのつながり、それらが人から愛され続けてきた理由なのではないかと思っています。時代に合わせて、本物を知り、本物をお客様にを届けることを続けてやってきました。これからは、地域でも新しいことに挑戦し、世界に対して打って出ていきたいという思いがあります。そのことをネット販売を活用しながらこれから挑戦していきたいと思っています!

※写真左はフェアリーチェの商品とスタッフ。写真右は2019春のインターンの様子。


  • インターン生へのメッセージ

取締役社長 布施雅彦

私は千葉県出身で、岩手県の洋野町にIターンでやってきました。現在は社長としてネット販売事業に取り組み、老舗をアップデートすることを目指しています。会社や地域を盛り上げていくために、若い人の発想や知恵を借り、より一層成長を加速させていきたいと考えています。最高のインターンを過ごせるように、一緒に全力でプロジェクトに取り組みましょう!!

『自分の存在価値は自分で決めるもの。仕事も遊びも自分らしく生きている人には、誰も敵わない。”自分らしく生きる”事が、生きる上での喜びだと思います!!』

そのように語る雅彦さんと一緒に、このプロジェクトに取り組んでみませんか??

【プロフィール】

千葉県出身。自然が好きで東北に興味があり、結婚を機に奥さんの実家がある岩手へIターン。誰も知り合いがいない田舎の中へ飛び込み、奥さんの実家の家業を継ぐ。2003年にはネット通販事業を営むフェアリーチェを立ち上げる。海外との関係を持ちたいという思いから、イタリアとの貿易関係も築く。地域で子供に水泳指導もおこなうなど社会貢献や教育にも精力的に活動中。「やることはやる、そして仕事も遊びも楽しく!」



企業情報
受入団体名
フェアリーチェ株式会社(西大野グループ)
設立
設立:創業1778年(フェアリーチェ株式会社の設立は2003年)
代表者名
布施雅彦
従業員数
5名
所在地
岩手県九戸郡洋野町大野64-29-10