エリア 【福島県】葛尾 内容 企画・商品開発 テーマ まちづくり

【2019年夏】 葛尾村での挑戦「ホープホワイト(胡蝶蘭)」の販路を開拓せよ!!

かつらお胡蝶蘭合同会社

このインターンは募集が終了しました。沢山のご応募ありがとうございました。

葛尾村での挑戦「ホープホワイト(胡蝶蘭)」の販路を開拓せよ!!


原発事故により農産物への被害を受けた葛尾村での新しい挑戦、胡蝶蘭栽培。この事業ではこの挑戦を後押しするために販路の開拓をミッションとします。


  • このプロジェクトについて

福島県葛尾村は2011年の原発事故による長期避難によって村内に住む居住人口が1500人から400人まで減少しました。地域復興への挑戦として「ホープホワイト(胡蝶蘭)」の栽培をしています。

■胡蝶蘭でふるさと復興・地域支援へ

ホープホワイト(胡蝶蘭)は、東日本大震災の被災地である福島県葛尾村にて育てられています。かつらお胡蝶蘭合同会社は、「胡蝶蘭栽培事業を通じて、地域雇用の創出、地域経済の活性化、地域復興へ貢献したい」という強い想いから葛尾村の豊かな環境資源を生かしてホープホワイト(胡蝶蘭)を育ています。

■ホープホワイトの特徴

胡蝶蘭の花言葉は「幸福が飛んでくる」です。「受け取られた方に幸せがおとずれますように」という思いをのせて贈るのに最も適したお花です。ホープホワイトの胡蝶蘭は、大きな花びらが特徴の「大輪」の3本立てと5本立てをご用意しております。花びらの並びが大変綺麗で、1~3カ月の間、咲き続けるので、長くお楽しむことができます。また、さまざまなシーンや、冠婚葬祭のどの場面で使用できる、人気の白を栽培しています。

■ミッションは販路開拓!

現状では、栽培等に時間を割いているため、新たな販路開拓までは手が回っていません。本インターンでは新たな販路開拓を行っていただきます。


募集要項
募集対象
大学生、大学院生、短大生、高専生(高専生は4年生以上)
期間
【2019年夏】3週間~2ヶ月
インターン内容

ミッション:葛尾村の挑戦「ホープホワイト(胡蝶蘭)」の販路を開拓せよ!!

【STEP1】
■地域、課題の理解
・葛尾村の現状を理解するため、葛尾村や関係企業・団体のへの視察
・かつらお胡蝶蘭合同会社で現場実習をしながら、事業理解を深める
・かつらお胡蝶蘭合同会社のスタッフと意見交換
・これまでのかつらお胡蝶蘭合同会社での取り組みを共有し、販路開拓に関して協議
※関係者へのインタビューを行い、写真付き800文字程度のインタビュー記事を執筆し、HPやSNSなどで発信する。
※視察やインタビューに関してはコミュニケーション研修を行う。

【STEP2】
■販路開拓計画の確定と創りこみ
・販路開拓計画を確定、企画の創りこみを行う
・販路開拓へ!
・成果報告に向けた準備(会場や飲食店との打ち合わせなど)
※創りこみに関しては、村以外からの専門家からのアドバイスをいただく機会をつくる。

【STEP3】
■販路開拓成果発表と振り返り
・販路開拓成果発表
・関係団体を訪問し、販路開拓の振り返り

期待する成果

・村外の若者が行う販路開拓による新しい取引先の創出

得られる経験

・初対面の大人に自らを伝え、相手の話を引き出し、意図的に関係を構築できるコミュニケーションの経験
・様々な関係団体と連携して提案をしていくための組織理解と組織創造の経験
・地域をフィールドにして、ヒアリング、課題設定、提案、振り返りの基本的なプロジェクト創造の経験
・ブランディングの経験

対象となる人

・素直で明るく元気な人
・自ら何かを創造していくことに興味のある人

活動条件

【期間】
令和元年8月中旬~9月中旬(最低1ヶ月間)

【活動頻度】
週5日(土日・祝日は基本休み)

【活動時間】
09:00~16:00

【宿泊】
葛尾村内で宿泊場所を準備します。(村内宿泊施設、民泊等)

【このインターンシップは、復興庁主催の「復興・創生インターン」プログラムです】
・エリア内での複数のインターンプロジェクトとの集合研修(事前・事後等)を予定しています。
・自宅から現地までの交通費(往復1回分)の補助があります。
・宿泊場所は現地で準備しています。宿泊代はかかりません

※「復興・創生インターン」は、復興庁事業「伴走型人材確保・育成支援モデル事業」として実施します。
※「復興・創生インターン」に関するご質問・ご相談・事務手続きなどは、統括事務局の株式会社パソナ(担当:高橋・和田、連絡先:03-6262-6340)までお問い合わせください。

※このプロジェクト・活動内容についてのご質問・ご相談は、一般社団法人葛力創造舎(担当:下枝、連絡先:09052308914)までお問い合わせください。

活動場所

葛尾村

  • 私たちについて

大切な方へ、幸せを届ける胡蝶蘭

弊社はは東日本大震災で起きた原発事故以降避難指示が出されていた葛尾村に、住民の帰村と新規移住による人口増加、新たな産業の創出を目指し、葛尾村の有志によって設立されました。

私たちは「福島の復興への希望を広めていきたい」との想いから胡蝶蘭に「ホープホワイト」と名付けました。「希望」の名を持つ花が、地域に根ざした産業として発展していくことを願っています。私たちが真心込めて大切に育てた「ホープホワイト」の真っ白な花に想いをのせて、多くの人に希望を届けたいと思っております。


  • インターン生へのメッセージ

インターン担当 杉下博澄

想い届ける希望の花の販路を一緒に開拓していきましょう!


このインターンは募集が終了しました。沢山のご応募ありがとうございました。


企業情報
受入団体名
かつらお胡蝶蘭合同会社
設立
平成29年1月
代表者名
松本政美
従業員数
14人