エリア 【宮城県】石巻 内容 マーケティング・広報企画・商品開発 テーマ 文化・伝統産業|食・ライフスタイル

【2019年夏】 【クリエイティブ×食】伝統の発酵食品「麹」の魅力を広めたい!創業100余年・老舗麹屋が受け継いできた ”元・主力商品” 「仕込み味噌 」のPRプロジェクト。

島津麹店

このインターンは募集が終了しました。沢山のご応募ありがとうございました。

自分で育てる発酵食品「仕込み味噌」の魅力を徹底解剖する1ヶ月。


時代に取り残されてしまいつつある”元・主力商品”「仕込み味噌」に今一度光を当てるには? 発酵食品を「楽しく」「豊かに」伝えたい。


  • このプロジェクトについて

【ー島津麹店って?】
北上川がもたらした肥沃な大地と、世界3大漁場・金華山沖を擁する宮城県石巻市。島津麹店は明治42年から6代で麹を造り続けている、石巻一帯で唯一の麹専門の製造会社です。「良い素材は、良い製品になる。」という考え方のもと宮城県産にこだわり、生産者の顔が見える原料にこだわり、糀には宮城県の一等米のササニシキを、味噌の大豆は宮城県産のミヤギシロメを使っています。また製品には麹菌が生きている生糀を使用しています。島津麹店は、宮城県石巻市に初代島津新之丞氏によって明治42年に創業されました。それから6代にわたり100余年石巻で糀を造り続けている老舗麹店。創業100余年の伝統を礎に、日本古来の「糀」を未来へつなぐ事が目標です。
2011年の東日本大震災で被災し、店は甚大な被害を受けました。石巻市中心部にほど近い島津麹店では廃材が残る中、糀造りを再開します。様々な問題を乗り越え、店の周りの片付けも落ち着き、ようやく島津麹店がリニューアルオープンしたのは震災から3年以上経った2014年11月3日のことでした。

【ー主力商品「華糀(はなこうじ)」】
無添加で天然素材100%である「華糀」は、お米と水と麹菌のみからから作られています。そして、ビタミン類や必須アミノ酸がたっぷり。近年大注目の伝統的な米麹で作られた「甘酒」です。一般的な市販の甘さけは高温で殺菌されたものが多いですが、低温加熱で作る「華糀」は、糀菌が生きたまま!味の特長は、その天然の”甘み”です。また、麹菌には多くの種類があり中でも、島津麹店は100余年続く代々糖化造用に優れた働きをする麹菌を使っています。麹の醗酵を押さえるには、添加物を使うのが一般的となっていますが、島津麹店では一切の添加物を使わないことを代々守ってきました。そして華糀は、自然発酵の飲む糀。ノンアルコールで、ご高齢の方や妊婦さん、子どもでも安心して楽しめます。

【ー今回PRしたい商品「仕込み味噌」】
仕込み味噌とは、宮城県産ミヤギシロメ大豆・海水塩(食塩じゃないところがポイント!)・そして生糀で仕込むお味噌のことです。元々、島津麹店ではこの3点を混ぜ合わせた「これから熟成されて味噌になっていく」ものを昔から家庭向けに1キロから販売していました。各家庭で半年〜1年以上熟成されて「味噌」になるんです。昔は地域の家庭に広く売り出していた仕込み味噌ですが、核家族化・スーパーマーケットで安く購入することのできる味噌の普及など時代の変化に合わせて売り上げ数は減少しており、大々的な宣伝はしばらく行っていませんでした。そしてこの商品、大々的には全く宣伝しておらず地元の方を中心に、聞かれたら大豆を発注して造るという「受注販売」のスタイル。意図せず、今では超シークレット商品になっていました。でも、保管する温度や湿度、1階に置くか2階に置くかでも味が変化し、発酵の過程も半年で白味噌、1年で赤味噌と楽しめる「自分が育てた味噌」が手軽に楽しめるって楽しそうじゃありませんか?

【ー島津麹店の伝統商品「仕込み味噌」に今一度光を当てたい!】
主力商品である「華糀」は、これまでの島津糀店の歩みや伝統、技術がぎゅっと詰まっている商品。近年は特に「華糀」のPRに力を入れてきましたが、健康思考の主婦層や美容意識の高いお客様にご好評をいただいている一方で、新規のお客様や発酵食品を楽しむところから始めたいライトな層に対しては、〈100年の歴史を感じてもらいづらい〉〈伝統を感じてもらいづらい〉ということが課題でした。「価値ある健康をサポートしたい」「まがい物を使わず、本当に良いものをお客様に届けたいという」という島津麹店の想いとともに伝統的な発酵食品である「糀」を現代の家庭に再提案するためには?という課題の元、前回のインターン生と6代目の佐藤さんがプロジェクトを通して見つけた1つの答えは、島津麹店が代々伝統的な製法を守りながら作ってきた「仕込み味噌」でした。今回のプロジェクトでは、
①この「仕込み味噌」をどのような形で売り出すべきか?
②どういった方法でPRするべきか?
を顧客目線で徹底的に企画提案するプロジェクトです。

【ープロジェクトの特徴 】
デザイン思考/アート思考 ×実践型インターンシップを組み合わせたプロジェクトです。今回のインターンシッププロジェクトでは、学生の皆さんに企業を分析・理解し、仮説検証のプロセスを繰り返す「プロジェクトチーム」として活動していただきます。
「デザイン」や「クリエイティブ」と聞くと、ロゴマークなどのグラフィックをつくることやチラシなどの印刷物作成、webなど…「すでにある情報を見やすく綺麗に整理し直して伝える」というスキルの方がイメージしやすいと思います。ですが、目に見えて美しいものだけではなく、課題解決を行うプロセスや手法=「デザイン」です。

このプロジェクトでは、↓のようなプロセスを非常に大事にしています。
①物事を「そもそも何なのか」と言う起点から思考すること
②多角的な視点で「観察・理解・分析」の部分からしっかりとコミットすること
③正解のない問いに対してより深く本質的に思考すること
④どのような状態になったら「幸せ」なのかを軸にすること

これらの考え方が、いわゆる「デザイン思考」「アート思考」と言われるものです。地域から活躍を広めるおもしろい経営者と、クリエイティブなインターン専門コーディネーターと共にチームを組み、学校では機会を得ることが難しい「リアルなビジネスの現場」で実践的にプロジェクトに関わり、思考力と課題解決力を高めてみませんか?

【ー宮城県石巻市ってどんなところ? 】
三陸海岸の最南端に位置する漁港の街です。震災前、石巻漁港は全国2位の水揚げ量を誇っていました。ところが、東日本大震災時は震源に一番近い街であったため、津波により甚大な被害を受けました。
一方で、復興のために役に立ちたいと、震災後、のべ30万人以上のボランティアが駆けつけた地域でもあります。その後、ボランティアをきっけとした移住者が定着し、全国でも先進的なソーシャルビジネスがたくさん生まれた街でもあります。
津波で被害をうけた事業者も、震災前とは別の方法で事業を拡大することを考え、新しいネットワークやさまざまな先進的な取り組みが生まれています。世代や事業規模の大小を問わず革新的なベンチャーマインドをもった経営者がたくさん活動している街だといえます。


募集要項
募集対象
大学生、大学院生、短大生、高専生(高専生は4年生以上)
期間
【2019年夏】3週間~2ヶ月
インターン内容

今回の実践型インターンシップで挑戦してもらいたいのは…「〈仕込み味噌〉を楽しく豊かに家庭で育ててもらうための商品企画PR 」の検証/実践です!

《目的》
・仕込み味噌のリブランディング
・良い素材・糀を使った食品を通した価値ある健康サポート

●STEP1【1週目】
・島津麹店と、こだわりの糀について理解を深める
・6代目、先代へのヒアリング
・島津麹店と味噌の歴史について理解を深める
・アンケート作成、実施

●STEP2【2週目】
・アンケートの実施、集計
・ターゲットの選定
・コンセプトメイキング
・「仕込み味噌」のブランディング、PR方法の提案

●STEP3【3週目】
・「仕込み味噌」のブランディング、PR方法の実践
・検証結果を企画に反映しブラッシュアップする
・リサーチで得た情報を活用し、企画と発信方法のブラッシュアップ
・中間報告

●STEP4【4週目】
・「仕込み味噌」のブランディング、PR方法の実践
・検証結果を企画に反映しブラッシュアップする
・企業への最終提案
・成果の分析
・成果発表

期待する成果

・商品企画/PRのためのヒアリングリサーチ
・ヒアリングリサーチを元にした商品企画 / PR方法の提案
・仮説の実践、分析

得られる経験

・商品販売拡大のための企画の提案を経験できる
・考案に止まらず、実践まで関われる
・企画/発信/体験等、顧客のインタラクション(購買行動)を重視した商品PR、仮説検証を行える

対象となる人

・自分のデザイン力/企画力をためしたい学生
・ターゲット層へ自らの力で商品をPRしていく経験を得たい
・発酵食品/食育/食を通じた健康に興味がある

?美大・芸大生歓迎!
?お料理好きもお待ちしてます

活動条件

活動期間】
2019年8月中旬〜9月中旬の1ヶ月間(実施時期の詳細が決まり次第更新予定)

【活動頻度】期間中 週5日以上 (その他、活動時間外に研修があります)
【活動時間】9:00〜18:00 (日によって変則となります。原則8時間以内です)
【活動方法】宿泊場所から徒歩または自転車で通勤します。

《石巻/女川エリアで期間中活躍する他インターン生とのオリエンテーション・研修・発表あり。宿泊先提供。》
・東北内での複数のインターンプロジェクトとの集合研修(事前・事後等)を予定しています。
・自宅から現地までの交通費(往復1回分)が支給されます。
・宿泊場所は現地で準備しております。宿泊代はかかりません(シェアハウス等を予定)。

活動場所

宮城県石巻市内
【JR石巻駅から徒歩10分】
【最寄駅:JR石巻駅】
東京ー仙台 約1時間半
関西ー仙台(空路) 約1時間
仙台ー石巻 約1時間)

事前課題

あり(詳細は面談時に説明)

各種補助

インターンシップ期間中の以下の費用について、学生の費用負担はありません。
・往復交通費を支給!
・宿泊場所をご用意!※共同生活となります。
・インターンシップ保険へ加入!

  • 私たちについて

創業100余年の伝統を礎に、「糀」を未来へつなげたい!

島津麹店は明治42年から6代で麹を造り続けている、石巻一帯で唯一の麹専門の製造会社です。「良い素材は、良い製品になる。」という考え方のもと宮城県産にこだわり、生産者の顔が見える原料にこだわり、糀には宮城県の一等米のササニシキを、味噌の大豆は宮城県産のミヤギシロメを使っています。また製品には麹菌が生きている生糀を使用しています。この生糀を仕込む時にはその日の温度や湿度に合わせた微細な調整が必要で、まるで糀と対話を重ねるように常に最良の糀に仕上げます。創業から100年余り、脈々と受け継がれてきた伝統の技と職人の心意気を胸に、日本古来の伝統商品である「糀」の次世代への継承を目指します。


  • インターン生へのメッセージ

島津麹店6代目 佐藤光弘

東日本大震災で甚大な被害を受け、多くの方々の支えを受けながら島津麹店は再建されました。震災からの復興、そして麹の良さを若い世代にも発信できるようにという想いのもと、代々伝わる伝統の技と味の継承と、更なる発展を目指します。「従来の甘酒からの脱却」を目指して開発した「華糀」をいずれは宮城の名産に、そして将来は海外でも勝負できるような商品となることを目指しています。

【プロフィール】

震災以前は福島県郡山市の自動ドア会社へ勤務。震災で甚大な被害を受け、当時の後継者は経営存続を断念。被害に遭った店舗や工場の復旧作業を手伝ううちに、父の憲光さんと共に店を引き継ぐことを決意。様々な問題を乗り越え、震災から3年以上経った2014年11月3日に島津麹店をリニューアルオープン。


このインターンは募集が終了しました。沢山のご応募ありがとうございました。


企業情報
受入団体名
島津麹店
設立
明治42年
代表者名
佐藤光弘
従業員数
4人
所在地
宮城県石巻市旭町3-24
WEB