エリア 【宮城県】石巻 内容 マーケティング・広報企画・商品開発 テーマ PR・メディア|農林水産・6次産業

【2019年夏】 あなたがブランドマネージャー!SNSで「映える」新たな商品のマーケティングプランを構築せよ

三養水産株式会社

このインターンは募集が終了しました。沢山のご応募ありがとうございました。

大学生の視点で「見た目よし」「味よし」の新商品をプロデュース


日本にカキ養殖を広めた伝説の人物にルーツを持つ会社の新たな挑戦にジョイン!三陸の牡蠣と野菜をかけ合わせた差別化する商品を、新たなターゲットに訴求するための戦略を立案しよう。


  • このプロジェクトについて

【三養水産と牡蠣養殖】
宮城県石巻市の万石浦(まんごくうら)湾や牡鹿半島に位置する荻浜湾は「世界の牡蠣王」と呼ばれた「宮城新昌」が、牡蠣の種苗・養殖の最適地として研究・開発に取り組んだ地であり、この地で行った養殖研究は今や世界の食用牡蠣の約80%が石巻にルーツを持つとも言われています。三養水産は日本のカキ養殖の礎を築いた「宮城新昌」が設立した会社にルーツを持つ会社です。

【今回の商品は海×農のスープ】
様々な牡蠣の加工食品を生産している三養水産が今回挑戦する商品は、牡蠣と野菜の特徴をかけ合わせたスープ。この商品はこれまでリーチできていなかった、首都圏の女性層をターゲットに開発しており、美味しさだけでなく、近年の消費傾向であるSNSで友達に紹介したくなる「見た目の美しさ」も兼ね備えたものにすることを意図して開発されています。今回はいわゆる「映え」のプロである学生の皆さんに、この商品のブランディングやマーケティング戦略を立案していただきます。社長の素材や、加工技術へのこだわりに触れながら、パッケージや宣伝方法なども考えていきましょう。

【こんな学生にこそ来てほしい!】
牡蠣好きな学生はもちろんのこと、SNSを使ったマーケティングに興味がある方、将来自分でブランドを作っていきたいと思っている方など、今回の経験を将来に活かすイメージができる学生の方はぜひエントリーしていただきたいと思っています。


募集要項
募集対象
大学生、大学院生、短大生、高専生(高専生は4年生以上)
期間
【2019年夏】3週間~2ヶ月
インターン内容

●STEP1【1週目】
・三養水産について、また商品についての理解を深める
・ターゲットにあった世の中の商品について徹底的にリサーチ
・ブランディングのコンセプト決定の準備を始める
●STEP2【2週目】
・ブランドコンセプトの策定
・パッケージデザイン等具体的な制作物の方向性を定める

●STEP3【3~4週目】
・これまで構築したプランをもとにテスト販売の準備を実施
・テスト販売を通じて仮説の検証を行う
・今後のマーケティングプランをまとめインターン終了後も運用できるマニュアルを作成する

※参加が決定した後、事前の面談や顔合わせ等で、あなたの特技や想いを伺い、
受け入れ企業の現状をすり合わせながら、実際の仕事内容、1ヶ月の流れを決めていきます。
「このテーマならこんなことがしてみたい!」という意見も大切にしたいと思いますので何かあれば、ぜひお聞かせください!
一緒にあなたにとって「一生に一度の忘れられない夏」の計画を立てていきたいと思います。

期待する成果

【商品(スープ)のマーケティングプラン構築】
【テスト販売で◯◯個(※)販売する】
※具体的な数字は受け入れ後に決定します。

得られる経験

・実際の商品を使ったマーケティングの実践経験
・おいしいを届けるために思考錯誤する経験
・経営者の近くで販売戦略を練られる経験
・牡蠣のおいしい食べ方を知れる
・牡蠣の歴史に触れる経験

対象となる人

・様々な人とコミュニケーションを取ることが得意な人
・主体的に考え、行動を起こせる人
・牡蠣への情熱に自信がある人
・マーケティングの実践経験を積みたい人
・SNSを使ったマーケティングに興味がある人
・将来自分でブランドを作っていきたいと思っている人
※一つでもピンときた方はエントリー宜しくお願いします。
コーディネート機関がきちんとサポートをおこなうので経験不問です。
「新しいスキルを身に付けたい」「自分のスキルを伸ばしたい」という方の参加お待ちしています。

活動条件

【活動時間】8:30〜17:00 週5日程度 
【宿泊】フィッシャーマン・ジャパンのシェアハウスTRITONに滞在(詳細は面接・説明会時に説明)

活動場所

宮城県石巻市

各種補助

インターンシップ期間中の以下の費用について、学生の費用負担はありません。
・往復交通費を支給!
・宿泊場所をご用意!※共同生活となります。
・インターンシップ保険へ加入!

  • 私たちについて

牡蠣養殖のパイオニア「宮城新昌」をルーツに持つ三養水産

波が穏やかで干満差もある遠浅の宮城県石巻市の万石浦は、世界の牡蠣王「宮城新昌」が牡蠣の養殖地に最適な研究地として活動し、「垂下式養殖」を発明。現在の食用牡蠣の約80%はここにルーツがあるとも言われています。そんな宮城新昌がつくった会社「國際養蠣」を引き継ぎ、海外への稚貝の輸出や地域の牡蠣養殖事業発展に携わったのが三養水産です。石巻の牡蠣の世界に広め、食卓に「美味しい」笑顔を届けるべく製品の開発、販売を行っています。


  • インターン生へのメッセージ

代表取締役 辻 尚宏

石巻の牡蠣は世界に誇れるおいしさです!情熱をもって今回の活動に一緒に取り組んでいけるひとをお待ちしております!


このインターンは募集が終了しました。沢山のご応募ありがとうございました。


企業情報
受入団体名
三養水産株式会社
設立
昭和39年6月
代表者名
辻 尚宏
従業員数
13名