エリア 【宮城県】亘理・山元 内容 リサーチ・コンサルティング テーマ 観光・おもてなし|農林水産・6次産業

【2018年夏】 次世代の観光農園をプランニング〜いちご狩りの「差別化」を図るためのサービス開発プロジェクト〜

株式会社 燦々園

このインターンは募集が終了しました。沢山のご応募ありがとうございました。

数ある「観光農園」と差別化を図るため、新しい発想を求めています!


私たち燦々園は、事業拡大を目指し、新たにいちご観光農園を展開したいと考えています。普通のいちご狩りではなく、「次の世代のいちご狩り」サービスを一緒に開発しましょう。


  • このプロジェクトについて

1.【震災から7年、いちご農園から、地域に喜ばれるいちご会社へ】
「燦々園」は、宮城県山元町で卸しや直売に特化したいちご会社だ。
社長の深沼さんは、先先代から続くいちご農家。直売等に取り組み、多くのお客様に愛されていた。
しかし、東日本大震み災の津波でハウスの大部分が壊滅。多くを失った。
「震災前に戻すのではなく、仲間とともに新たな挑戦をしたい」という深沼さんの強い思いで、7年前に立ち上がったのが、今回のインターンの現場、いちご生産法人「燦々園」だ。

2. 【高品質のいちご×止まらないチャレンジの現場】
土や水、環境にもこだわった栽培方法を追及。
いちごに対しての愛情と確かな技術で、高品質ないちごを作っている。
それだけではない。従来のいちご農家にはない発想で、自社製品も開発。
特性完熟いちご氷をふんだんに使った「いち氷」は、イベントでは大人気で、長蛇の列ができるほど!

3.【新たなチャレンジ!普通じゃない、観光農園を立ち上げる】
「苺を主とした「食」から「職」、「人」から「人」へつながる輪を実現したい。」深沼社長は、熱く語る。
会社化、ヒット商品の開発と、いちご農園の常識を次々と覆してきた深沼社長は、今、あらたなチャレンジを画策している。

「良いものを作ることは大前提。収益のためだけの大規模化ではなく、人が繋がり合う、新たなスタイルの農業へと変えていきたい、その一つが観光農園の展開なんです。」そう語る深沼社長。

このインターンの活動期間は、ちょうどいちごの苗を植え付ける時期。
いちご作りのその先の未来を見据える深沼社長とともに、いちごの定植作業を体験しながら、他のどこにもないような、仕組みや、体験ができるいちご狩り観光農園をゼロから企画しよう!


募集要項
募集対象
大学生
期間
【2018年夏】短期(3週間~2ヶ月)
インターン内容

観光農園のプランニングがミッションです!
●Step1(1週目)
【事業内容、地域の特性を理解する】
・いちごの定植作業を体験しながら、燦々園の事業や理念を理解する
・催事での「いちご」販売や、イベント出店での「いち氷」販売を経験し、消費者とのやり取りに慣れる
・社長にインタビューし、観光農園の方向性を確認

●Step2(2週目〜3週目)
【リサーチ、検証】
・いちごの定植作業を体験
・燦々園のいちご狩り顧客のターゲットを絞り込む
・他の観光農園の規模やサービス形態はどうなっているのか等、リサーチ
・イベントでお客様の生の声を聞いたり、ターゲットとなりそうな「人」にヒアリング
・リサーチやヒアリング結果をまとめレポートを作成
・「差別化」を念頭に置き、プラン案をまとめる

●Step3(4週目)
【提案】
・いちごの定植作業を体験
・みなさんのプラン案を提案し、スタッフに引き継ぐ
みなさんのプランニングを実施に向けて活かしていきます。

※上記は大まかな内容となります。参加が決定した後、顔合わせ等でみなさんの「これをやりたい!」「こうした方がいい!」という意見を伺い、私たち燦々園の現状とすり合わせながら、みなさんと一緒に1ヶ月の流れを決めていきます!

期待する成果

・リサーチ、ヒアリング結果のレポート作成
・プラン案をプレゼン

得られる経験

・新しい企画をゼロから作る経験
・マーケットリサーチ経験
・農産物の生産、流通について一連の流れを実践的に理解できる
・燦々園社長を始めとする魅力的な人々との出会い

対象となる人

・元気があり、探究心を持って取り組める人
・人とコミュニケーションを取ることが好きな人
・主体的に考え、行動を起こせる人
・地域での活動を模索している人
・いちごが好きな人
・農業に興味がある人
・上記何かに少しでも当てはまる人

活動条件

【活動期間】
2018年8月中旬〜9月中旬(この間の4週間程度)
※相談可能です。

【活動頻度】
週5〜6日
※その他、業務時間外に研修があります。

【活動時間】
9時〜18時
※日によって変動があります。

【宿泊】
山元町内での宿泊・滞在が必須
※宿泊代はかかりません。

★詳細は説明会や面接時にお伝えします。

活動場所

宮城県亘理郡山元町 燦々園事務所ほか

各種補助

インターンシップ期間中の以下の費用について、学生の費用負担はありません。
・往復交通費および食事代一日あたり850円を支給!
・宿泊場所をご用意!※共同生活となります。
・インターンシップ保険へ加入!

  • 私たちについて

いちごで「人」に笑顔を

三世代にわたり宮城県の南端・山元町でいちごを栽培しており、東日本大震災後に法人化しました。いちごが大好きなメンバーですが、社員の大半は非農家の出身で、それぞれの経験や知識が経営に活かされています。いちごは、最も甘くなる甘熟(かんじゅく)の状態を見極めながら、販売先や用途に応じてサイズや品種を変えています。また、デパートや洋菓子店との直接取引やイベント出店など、お客様との対話を大切にしています。生産から販売までを一貫して行うことで、美味しいと言ってもらえるいちごを常に追い求めています。さらに、技術的に難しいとされる夏季のいちご栽培への挑戦や、観光農園の整備などに積極的に取り組んでいます。


  • インターン生へのメッセージ

代表取締役社長 深沼陽一

このインターンは募集が終了しました。沢山のご応募ありがとうございました。


企業情報
受入団体名
株式会社 燦々園
設立
2011年11月に法人化
代表者名
深沼陽一
従業員数
常時雇用12名、パート15名
所在地
宮城県亘理郡山元町 山寺字稲生18
WEB