エリア 【宮城県】女川 内容 マーケティング・広報リサーチ・コンサルティング テーマ PR・メディア|小売り・流通

【2019年春】 「私たちの魅力ってなんですか?」取引先の声が100%反映されたHPの企画・提案をしてください!

株式会社渡邊商店

このインターンは募集が終了しました。沢山のご応募ありがとうございました。

取引先からのお声をもとにHPの新しいコンテンツを提案する


女川町内の水産系企業様を中心にヒアリングを行ってください。
当社の「魅力」「強み」などお取引頂いている理由をまとめ、HPリニューアルのコンテンツ案として提案を期待しています!


  • このプロジェクトについて

世界三大漁場の一つといわれる三陸沖。女川魚市場には、そんな豊かな海から200を超える魚が集まります。朝から漁師や仲買人が集まり、活気よくセリを繰り広げる。その光景に溶け込んできたのが、私たちの商品である鮮魚用発泡スチロール箱。女川魚市場で鮮魚をやりとりする加工業、仲卸など水産系企業に対して、発泡スチロール箱を提供するのが当社の主事業。
美味しいお魚をお届けする水産会社にとって、なくてはならない存在となっています。
現在は女川町だけでなく岩手県にも営業拠点を展開しています。
東日本大震災によって倉庫が流されるなど大きな被害を受けたものの、最近では震災前と同水準まで回復。これからさらなる成長を目指します。

【インターン生に期待すること】
水産系、他様々な分野のお客様へのヒアリングを通じHPリニューアルに向けたコンテンツ提案をお願いします。

★渡邊商店の強みは何か?をヒアリングを通して明らかにしてください。★

私たちの強みは流通スピード。市場のすぐ近くに倉庫を設け、毎日目まぐるしく変わる水揚げ量・魚種に対応できる体制を整えていることです。地元に根差した企業として常連の取引先が数多いのも特徴です。
今回のプロジェクトでは、あらためてお客様が当社の「何」に良さを感じてお取引を続けてくれているのかを検証し、新設したHPの新しいコンテンツに加えていきたい!と考えたからです。

震災から8年目、当社にとっては第二創業期と考えています。
既存のお客様との関係性強化はもちろん、新しいお客様との取引に繋げる「ツール」としてHP、そのコンテンツを充実させれたらと。
将来的は水産系企業様との取引だけでなく、「包む」をテーマに、お弁当用の容器、お菓子・お土産物などのパッケージなど、幅広い分野への拡大を考えています。

※もし可能なら、女川町内のお店・会社(水産系以外ですね)にもヒアリングをして頂き、「どんな用途がありそうか」「デザインは?」「機能は?」など必要とされている要望も聞いてもらえるとうれしいです!

【渡邊商店の強みは?】
流通スピードに加え、長年培ったお客様との信頼関係、さらに「特注商品」「カスタマイズ」力も上げられます。
水産系で使われる発泡スチロール箱も魚のサイズ、種類、運搬方法に応じ千差万別。要望に応じてカスタマイズが日々求められます。私たちは製造メーカーと協働してこの対応を行い続けてきました。
決まった商品を右から左に流すだけでなく、お客様の要望に合わせた提案を日常的に行っています。

【新分野へのチャレンジ~お菓子のパッケージ開発】
2016年の女川復幸祭で女川町で女子が集まり「女川スイーツ」開発・販売。
その際にスイーツのパッケージを共同開発。女子らしいかわいらしさ、わかりやすさなどのアイディアを受けてオリジナルパッケージを提案したことも。
※新HPには新分野開拓に向けて通販サイトも併設し、準備を進めています


募集要項
募集対象
大学生
期間
【2019年春】短期(3週間~2ヶ月)
インターン内容

まずは当社の事業、女川町を知っていただくところからスタートしてください

【STEP1~会社を知る、顧客を知る、女川町を知る】
・従業員と一緒に現場に入り、出荷・納品など実際の仕事を体験してください。
・社長と一緒にお客さん周りに同行。どんな方がお客様か実際に見てください。

【STEP2~ヒアリングの準備を!】
「ヒアリング」の経験は学生さんにあまり経験がないと思います。
ヒアリング項目のすり合わせ、練習を社長、コーディネータと行ってからスタートしましょう!
・社長と一緒にヒアリング内容を決める。
・ヒアリングの練習(社長・コーディネーターがお付き合いします!)
・ヒアリング先の選定とアポイント設定

【STEP3~ヒアリングをスタート!】
現在お取引のある女川町内のお客様に訪問。渡邊商店を選ぶ理由、要望などヒアリングしてみましょう。
・ヒアリングと内容の整理
・社長との振り返り、質問の再設定
※再ヒアリングが必要なことも出てくると思いますのでその作戦も一緒に考えましょう

【STEP4~HPコンテンツ案を考える】
ヒアリングを通して出てきた内容をHPでどうまとめ、どんなコンテンツにしたら良いか提案にまとめてください。
・会社の強み、魅力を整理
・インターネットで他社のHPをチェックし参考案を調べる
・提案にまとめる

最終的に社内で発表をして頂きます。
私たちが気づかなかった視点、見せ方など学生さんの視点での提案を期待しています!!

期待する成果

★お取引先へのヒアリングを通じて自社の強みを言語化する
★HPのコンテンツ提案をしてもらうことで自社PRツールが生まれる
そのために
女川町内のお取引先○○社へのヒアリングを実施してください!

私たちが知らなかったお客様の声をお聞きすると同時に、当社の取り組みをお客様に知っていただくチャンスになったらうれしいです!

得られる経験

■ヒアリング経験を通して
・コミュニケーション力を磨ける
・就職活動、社会人に必要な傾聴力を身に着けられる
・就職活動、社会人に必要なビジネスマナーを身に着けられる
■商社、流通の仕組みを知ることができる
■コンテンツ提案を通してWEBマーケティングの基礎を知ることができる

★とにかく女川町の沢山の人に話を聞くことができます!

対象となる人

・人に話を聞くことが苦手でない方
・商社、流通に興味にある方
・HP作成に興味のある方
・ヒアリング力を身に着けたいと考えている方
・実践的なビジネスマナーを身に着けたい方

活動条件

活動期間:2月13日~3月15日
上記期間中現地に滞在できる方(宿舎はご用意いたします)
※期間中に一時的に抜けるなど日程についてはあらかじめご相談ください

・エリア内での複数のインターンプロジェクトとの集合研修(事前・事後等)を予定しています。
・自宅から現地までの交通費(往復1回分)の補助があります。
・宿泊場所は現地で準備しています。宿泊代はかかりません(シェアハウス等を予定)。
・食事代等として1日850円の補助があります。

※「復興・創生インターン」は、復興庁事業「伴走型人材確保・育成支援モデル事業」として実施します。
※「復興・創生インターン」に関するご質問・ご相談・事務手続きなどは、統括事務局の株式会社パソナ(担当:高橋・武田、連絡先:03-6262-6340)までお問い合わせください。

※このプロジェクト・活動内容についてのご質問・ご相談は、一般社団法人ワカツク(担当:中村、連絡先:022-721-6180)までお問い合わせください。

活動場所

宮城県女川町

事前課題

あり

各種補助

インターンシップ期間中の以下の費用について、学生の費用負担はありません。
・往復交通費および食事代一日あたり850円を支給!
・宿泊場所をご用意!※共同生活となります。
・インターンシップ保険へ加入!

  • 私たちについて

「箱屋」から「パッケージ商社」へ第二創業期へ

創業33年。水産系企業様にとってなくてはならない「箱」=発泡スチロール箱を提供し続けている当社。女川町はもちろん、岩手県大船渡など広く信頼を頂いてきました。
東日本大震災によって倉庫が流されるなど大きな被害を受けたものの、最近では震災前と同水準まで回復。これからさらなる成長を目指します。
社員は10名とこじんまりとした組織でが、42歳の社長を筆頭にフットワークも軽く、スピーディーな対応がお客様から評価を頂いています。
水産系企業様の信頼を強化しつつ、社長を中心に今後はあらたな用途、業界開拓を進め「パッケージ商社」へと発展を目指しています。


  • インターン生へのメッセージ

代表取締役社長 渡邊 俊季

私たちの仕事は表にはあまり出ない、まさに「縁の下の力持ち」
今回のプロジェクトでは普段あまり聞くことができないお取引先の声を
インターン生のフラットな視点で聞いてもらえればと考えて作りました。

私自身、営業も行っていますので一緒に動く機会も多いと思います。
プロジェクトへの期待はもちろん大きいですが、学生のみなさんの
チャレンジする気持ちやバイタリティを感じることも楽しみにしています。

お待ちしています!!

【プロフィール】

42歳(昭和51年生まれ)、女川町出身。
30歳の時に2代目社長に就任。
女川町内の水産系企業の若手で作る「水産加工研究会」の会長も務める。
仕事では自ら新商品の企画提案を行うアイディアマンでもある。
また、イベントの多い女川町ではその実行委員、サポート役として女川町を自ら盛り上げている。


このインターンは募集が終了しました。沢山のご応募ありがとうございました。


企業情報
受入団体名
株式会社渡邊商店
設立
1985年1月1日
代表者名
代表取締役社長 渡邊 俊季
従業員数
10名
所在地
宮城県牡鹿郡女川町浦宿浜字供養23-3
WEB